寝汗と背中ニキビについて

寝汗をよくかくのと背中ニキビが酷くなる事に関係があるのを知っていますか?背中ニキビが酷くなるのは寝汗が原因の事は多いのです!
ここでは背中ニキビと寝汗の関係性と対処法についてお伝えします。

 

人間は寝ている間にコップ1杯の汗をかくと言われています。
一番かく所は背中と言われていて、そんな沢山の汗がパジャマや寝具の中で蒸れてしまいます。

 

 

寝ている間なのでそのまま放置してしまって毛穴に雑菌が広がってニキビができてしまいます。雑菌によってできたニキビはかゆみがあるのでつい背中をかいてしまいます。
するとそこからまた雑菌が入り込んで症状が悪化し背中ニキビが酷くなるのです。

 

 

背中ニキビを酷くさせないためには体を清潔にしてパジャマや寝具も清潔なものを使う事です。寝る前にお風呂やシャワーで体を洗い、汗を吸いやすく乾きやすい素材の肌着やパジャマを着て寝るようにする事です。

 

 

そして肌着やパジャマは毎日取り換えて洗濯したての清潔なものを着るようにしましょう。寝具もシーツは汗を吸いやすく乾きやすい素材のものを使うようにして、まめに換えるようにして晴れた日には寝具を干すようにします。

 

 

干せない寝具はスプレータイプの除菌剤などを利用すると良いです。寝室もカーテンや窓を閉め切ったままにしないで換気を十分に行うようにしましょう。